skip to Main Content
YOKOHAMAガーゼマスクships

YOKOHAMAガーゼマスクships

gauzemaskships_top

それぞれの課題や状況に合わせて、みんながまるで船の乗務員の様に参加し、必要な方のもとに手作りガーゼマスクをお届けするプロジェクト「YOKOHAMAガーゼマスクships」。

環境や得意に合わせて、製作や販売、応援など参加方法が選べます。

詳細を各リンク先でご確認の上、奮ってご参加ください。

hachioji_banner
tokorozawa_banner

プロジェクト概要

yokohama_square
プロジェクト名

“サーキュラーエコノミーマスク”プロジェクト
YOKOHAMAガーゼマスクships

主催 緑園リビングラボ
プロデュース
運営事務局
株式会社Woo-By.Style
協力 YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス
公認 横浜One Teamプラットフォーム「おたがいハマ」

プロジェクトの始まり

プロジェクト発足のきっかけは、プロデュース・管理事務局を担当する株式会社Woo-By.Style(以下、「ウッビースタイル」)が2008年に個人事業としてスタートした当初から、唯一一度も途切れることなく作り続けている手作りガーゼマスクでした。

ウッビースタイルのガーゼマスクの詳細はこちら
IMG_3100

ウッビースタイルのガーゼマスクは、 洗って繰り返し使うタイプのマスクで、 医療用でも使い捨てでもありませんが、 コロナウィルスの感染拡大の影響で マスクの供給が足りていない今、 せめてこのガーゼマスクでも役に立てるのであれば と始めた販売会で、1,000枚近くが完売に。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言など、仕入れや制作に制限がかかる中、緑園リビングラボのメンバーを中心に様々なご協力を経て製作を続け、お礼に横浜の産品を送ったところ、横浜で起きているサーキュラーエコノミープ ラスの大切さと必要性を実証する出来事になりました。

マスク販売の問い合わせは続き、軒先での販売会実施依頼も頂く様になり、制作・ラッピング・販売の参加希望のご連絡も 少しずつ増え、当プロジェクトの立ち上げが決まりました。

プロジェクト立ち上げストーリーはこちら

あなたはどれ?5つの参加方法

クルー登録

縫製クルー

crew_sewing

事務局から送られてきた材料で

  • マスクを縫う
  • 糸始末
  • ゴム通し

終わったら事務局へ送り返す。

月ごとの納品数によって、ヨコハマ産品登録店の品物をお届けします。

ラッピングクルー

crew_packing

事務局から送られてきたゴムの 通ったマスクを

  • 検品して袋に入れる
  • 説明書に検品印を押してカット し、袋に貼る

終わったら事務局へ送り返す。

月ごとの納品数によって、ヨコハマ産品登録店の品物をお届けします。

販売クルー

crew_selling

販売会場に集合し、 ディレクター・スタッフと一緒にマスクを販売する。

月ごとの販売日数と時間数によって、 謝礼金のお振込と ヨコハマ産品登録店の品物をお届けします。

クルー登録にはweb説明会への参加が必須です。
詳細は説明会でご説明します。説明会の後、ご参加の判断をお願いいたします。

業務を細分化し、管理事務局がしっかり伴奏することで

  • 製品のクオリティーや法令対応
  • スキルと条件に合わせた参画のし安さ

をダブルで担保!

次回クルー登録説明会はこちら

販売会会場登録

お客様への日頃のお礼やPRにご利用ください。

※スタッフとクルーが販売にうかがいます。

※屋外限定での開催です。

販売会会場登録について詳細はこちら

販売会会場

販売会会場一覧はこちら

ヨコハマ産品登録

クルーへの感謝の気持ちに、ご登録いただいた産品を購入してプレゼントします。

抱えてしまった在庫の消化やPRにご利用ください。

ヨコハマ産品登録について詳細はこちら

ヨコハマ産品登録店

ヨコハマ産品登録店一覧はこちら

シェアして応援

2020-04-29 (3)

Instagram・Facebook・Twitterのいずれかに、 #ガーゼマスクships をつけて活動をご紹介くださった方の中から 月に1度3組の方に、産品をプレゼントいたします。

取り扱い店登録

20200322_053253370_iOS

お客様への日頃のお礼やPRにご利用ください 。

取り扱い店登録について詳細はこちら

ガーゼマスク取り扱い店

ガーゼマスク取り扱い店一覧はこちら

当プロジェクト立ち上げのきっかけとなった今回の出来事は、 横浜のローカルSDG’s=サーキュラーエコノミープラスの 一例を担うとともに、地方からリモートで応援をしていただくスタイルの関係人口の創出も実現できました。

また、この取組をモデルケースに、マスク以外の製品での 展開や、地域ごとに活動の輪を置くことを目標とできると考えています。

他地域展開

hachioji_banner
tokorozawa_banner

活動情報

メディア掲載情報

Back To Top